ジムニーJA11カテゴリの記事一覧

ジムニーJA11

ジムニーJA11は1990年から1995年まで販売されていた660ccターボのジムニーである。
1型〜5型まで販売されていて少しずつ改良や仕様変更が加えられている
1300ccのジムニーよりハイパワーで取り扱いやすく今でも定番で人気のジムニーである。


■JA11 1型ジムニーは、1990〜1992年まで販売、1990年の道路運送車両法改正で軽自動車の枠が変更され、エンジン排気量や全長が拡張された。
これによりジムニーも550ccから660ccの排気量になった。また前後のバンパーも前型のジムニーよりも大きくなり突き出たものに変更された。排気量が660ccに変更されたことにより低速のトルクにも余裕が出来た為、オフロードから高速走行までより快適に走行できるジムニーに変貌を遂げた。

・1型ジムニーのスペック
水冷3気筒 4ストローク 657cc
最大出力 55ps/5500rpm
最大トルク 8.7kg-m/3500rpm
最高速度 130km/h


■JA11 2型ジムニーは、1992〜1993年まで販売。660ccのジムニーになってから初めてのマイナーチェンジである。マイナーチェンジによって触媒が取り付けられ燃料噴射のプログラムが変更され、最大出力が58psになった。
また、ジムニーでは初めてラジエータファンにクラッチを取り付け、暖機時間の短縮や騒音の軽減が行われた。また足廻りもリーフスプリングを1型より柔らかめに変更しよりスムーズな動きが実現された。
エクステリアはフロントグリルにSマークが入り、いかにもスズキジムニーらしい新しいデザインになった。

・2型ジムニーのスペック
水冷3気筒 4ストローク 657cc
最大出力 58ps/5500rpm
最大トルク 8.8kg-m/3500rpm
最高速度 135km/h


■JA11 3型ジムニーは、1993〜1994年まで販売。ついにジムニーにもオートマチックやパワーステアリングが搭載された。但しノーマルルーフ車のみの搭載だった。
ジムニーにオートマチックが搭載され町乗りや高速走行がより快適になり、パワーステアリング搭載車は女性の人気も集めた。

・3型ジムニーのスペック
水冷3気筒 4ストローク 657cc
最大出力 58ps/5500rpm
最大トルク 8.8kg-m/3500rpm
最高速度 135km/h


■JA11 4型ジムニーは、1994〜1995年まで販売。今回のマイナーチェンジは3型ジムニーでオートマチックやパワーステアリングの搭載が好評だった為、フルメタルドア(CC)のジムニーを除きすべてのジムニーにパワーステアリングを標準装備した。また、パノラミックルーフ(EC)のジムニーにオートマチック車の設定を追加した。

・4型ジムニーのスペック
水冷3気筒 4ストローク 657cc
最大出力 58ps/5500rpm
最大トルク 8.8kg-m/3500rpm
最高速度 135km/h


■JA11 5型ジムニーは、1995〜1995年まで販売。三菱のパジェロミニに対抗するため、ターボチャージャーと過給圧の設定を変更し64psを達成する。
ガラスはジムニーでは初めてグリーンガラスを採用し、インテリアは鉄板部分を隠す樹脂のカバーが多く使われるようになった。

・5型ジムニーのスペック
水冷3気筒 4ストローク 657cc
最大出力 64ps/6000rpm
最大トルク 10.0kg-m/4000rpm
最高速度 135km/h